賃貸検索.com

保証会社のメリット

定期借家という賃貸契約について知っておこう

賃貸住宅を借りる時は不動産会社の方で契約を行いますが、契約の形は普通借家契約と定期借家契約に分けられます。
一般的に行われているのは普通借家契約の方で、初回の契約では二年間の契約期間が定められていて契約期間満了を迎えると更新手続きを行うことで住み続けることができます。
一方の定期借家契約の方は一定期間だけ借家として借りられるという契約の形になります。
この場合は二年の契約になることもありますし、五年になることもあります。普通借家契約と違うのは更新ができないという点です。入居者側は住み続けたいと思っても契約期間が満了すれば速やかに退去しなければなりません。
どのような物件が定期借家として貸し出されているかと言うと、一戸建て住宅の所有者が転勤等の事情によって一定の期間住めなくなる時が挙げられます。
二年間の転勤ということであれば二年後には戻ってくることになります。
所有者側としては家賃収入が受け取れるというメリットがあるのです。

賃貸契約時で家賃保証会社を利用するメリット

一般的に賃貸契約を行う際には連帯保証人が必要になりますが、借主の中には親や兄弟などの家族に連帯保証人を頼むことが難しいという場合もあります。
そのため、現在では賃貸契約を行う際に家賃保証会社によって定められた保証料を支払うことによって家族などに連帯保証人を頼まなくても賃貸契約を行うことができる制度があります。
家賃保証会社 契約時に支払う保証料の金額は会社や希望する物件などによって異なりますが、なかなか連帯保証人を頼むことがが難しい入居者にとっては連帯保証人を見つけなくても賃貸契約をすることできるので、スムーズに契約手続きを行うことができます。
そして、入居者が家賃を滞納することは家主にとって大きな負担になりますが、契約時に家賃保証会社に保証料を支払うことによって入居者の家賃滞納などが生じた際には、家賃保証会社から一定の期間入居者に代わって滞納している家賃が支払われます。
そのため、家主の負担も軽減することができます。

Copyright (c) 2015 賃貸検索.com All Rights Reserved.