賃貸検索.com

契約時の審査

賃貸を借りる際の審査

賃貸物件を借りる際に、「保証会社加入要」といった内容を目にする事があると思います。
これはもし、賃料などを滞納した場合に、その保証会社が家主の代わりにその保証会社が賃料を取り立てるシステムで、家主には心強いシステムです。
借りる際の審査 借りる側にそれに加入してもらう事で、未然にトラブルを防げて賃料も無事に確保できるので、加入を義務付ける家主も多いかと思います。
そして、その保証会社ではちゃんと審査があり、例えば無職であれば連帯保証人が別途必要となったり、勤め先や収入・家族構成も審査の内容に組み込まれています。
手続きは仲介に入っている仲介業者が申込用紙をくれるので記入して、保証会社からの本人確認連絡に出るといった簡単なもので、結果が出るまでにも1日かかる程度。保証会社によっては土日定休日としている場合は翌営業日に回答になります。
また、本人確認が取れない場合も、結果が遅くなる原因にもなります。
家主側のリスクを低くする目的ではありますが、借りる側もマナーがない人も稀にいますので、こういった審査を受ける場合もあります。

賃貸物件の家賃は分割払い可能か

長期の出張で支払うのを忘れていた、失業した、収入がないなどで家賃が支払えないという人は少なくありません。
放置するほど家賃はかさみ、一括で支払える金額ではなくなっていきます。
では、そんな時に分割払いをすることは可能なのでしょうか。
結論から言えば、分割払いにすることは不可能ではありません。賃貸契約は個人取り引きですので、家賃の支払いも大家さん又は不動産会社との交渉になります。
よって、交渉次第では分割で支払っていくこともできるのですが、一概ではないということも理解しておきましょう。
ちなみに敷金を未納家賃に充てることができますが、これを決めるのは大家さんですので、借りている側が敷金を未納家賃の充ててくださいと主張することはできません。
ただ、それも含めて個人交渉ですので、言ってみるだけの価値はあるでしょう。
殆どの賃貸では支払う意志を見せれば少額ずつの支払いで同意してくれるため、何もしないままでいるのではなく、きちんと話し合ってください。

Copyright (c) 2015 賃貸検索.com All Rights Reserved.